境界線って結構面倒

隣接する土地との境を明確にするよう、土地の境界確定図を作成することも、住宅を売却する際にはあると思います。売却の必須要件とは言えないまでも、土地価格が高騰している現在では、わずかな差もけして安いものではありませんから、実施するのが一般的です。広さや手間などで費用は変わりまが30坪程度の宅地なら40万円ほどです。見積りをとるといいでしょう。売却する側が負担する費用としては仲介手数料の次に大きいですが、購入する方としてはこれ以上心強いものはありません。このごろよく見る太陽光発電システムつきの住宅では、家を売る際に太陽光パネルをどうするかが問題になります。売買の契約書の付帯設備として記載されていなければ、転居先へ移すことも可能です。しかしながら撤去にも据付にも費用はつきものですし、結局は諦めるというパターンが多いです。太陽光パネルを手放すにも手続きを踏む必要がありますが、引っ越した先に設置に適したスペースがなかったりすると持っていくことは事実上不可能です。抵当権が設定されている不動産の売却は出来るものなのかというと、現状で売買することも、所有者の登記変更もできることはできます。ただ、物件を担保にしてお金を借りた人が借金の返済を滞りなく終わらせてくれなければ、担保となっている物件は競売にかかり、第三者の所有する物となり、住人は退去しなければいけません。つまり抵当権が残ったままの不動産は多大なリスクを負っているわけですから、買おうという人はなかなかいません。マイホームを売却する場合は通常、まず不動産業者に該当物件の評価額を出してもらうのですが、建物の築年数は評価額をかなり左右します。よほど希少性が高いとか人気地区ならいざ知らず、建物というのはたいてい築10年から5年ごとを節目として価格が一気に落ちていくという現実があります。もし土地付き戸建住宅を売るなら、築年数が上がれば極端な話、建物の評価額はゼロで、ほとんど土地の値段だけというありさまにもなるのです。損をせず少しでも高い価格で家を売るなら、値段交渉はあって当然と覚悟しておきましょう。購入者側の論理としては安いほうがオトクですし、大きな金額である不動産取引では価格交渉なしというケースは殆どありません。売手の希望を押し通そうとして購入希望者を逃してしまっては、とんだ無駄骨です。駆け引きのタイミングを見極められるよう、家の相場情報をつかんでおくのは不可欠です。自分で買手を見つけてくれば不動産業者を介さずに家を売るのも不可能とは言いませんが、専門家レベルの知識がないまま売買を行うとあとでトラブルに発展した際に対処しきれないかもしれません。住宅や土地等の不動産取引に際しては通常、物件に合った詳細内容を付加した契約書を交わす必要があり、不足があればどんなに小さなことでも訴訟や金銭トラブルにならないとも限りません。ノウハウを持つ専門家に依頼するほど確実なものはありません。譲渡所得というのは、資産を譲渡(売却)したことで得た所得のことです。マイホームの売却で得た収入も譲渡所得に含まれます。所得税と住民税は譲渡所得にもかかってきますが、給与所得やその他の所得とは別に算出します。気になる譲渡所得の税金ですが、所有した期間が5年を超えた物件だと長期譲渡所得として税率が下がります。これから家を売りたいとお考えでしたら、このような税率設定を考慮して売り時を考えるのも良いかもしれません。住んでいた家を売る場合、売手がしておくべきポイントをきちんと抑えておくと家を高く売れる可能性があります。一番大事なのは修繕箇所を放置しないことです。築年数に関わらず人が使った分だけ家というのは確実に老朽化が進みます。DIY程度でも構いませんからできるだけ修復しておくことです。修繕の傍らしておきたいのが清掃です。日常的に使用する場所はもちろん、使わない部分も手を入れて綺麗にすると、全体的に明るい印象になります。このような手間の蓄積が購入者に「選ばれる家」には必ずあるのです。いざ家を売るとなると、売却経費がかかることに驚く人も少なくありません。たとえば不動産会社の媒介による売買の場合、もれなく仲介手数料が必要になります。売値の3パーセントに6万円と消費税を加えた金額を不動産業者に対して支払います。また、登記関連業務を司法書士に依頼する料金や印紙代は必須ですし、測量費が必要な場合もあります。つまり、それらの出費を踏まえて売値を決定するわけです。あまりにも家の築年数が経っていると、家の価値なんてないだろうし更地にして売るべきかと相談されることがあります。ですが、別に更地にする必要はないというのが現実です。最近は解体費用も高いですし、逆にDIYブームで元の住宅を土台にして自ら設計、施工を行いつつ暮らしていきたいという人たちや中古の物件を新築なみにフルリノベして売る手法をとっている設計事務所や不動産会社も多いので、中古物件に狙いを絞って探している人たちもいるからです。続きはこちら⇒イエイ不動産売却一括査定サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です